a blue rose

ネオアンジェリーク、ニクスについて色々考えてみる。 Twitter:_kage__

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオアンジェリークAbyss Second Age13話(最終回) 感想

Neo Angelique Abyss Second Age act.13「永遠のアルカディア」感想 ※偏ってます。長いです。

星の舟でついた場所は、荒廃したアルカディア、そこに建つ陽だまり邸。
(エレボスの作り出した世界)
屋敷の中に入ると炎に巻かれてアンジェだけ離れてしまう。
ニクスの部屋に入ると、青いジャケットを着たニクスの姿でエレボスが呼びかける。
「ようこそ陽だまり邸へ、マドモアゼル」
ニクスのふりをしてお茶を飲んでいるエレボスだが、女王という言葉に反応。
(いつものエレボスのしゃべり方ではなくニクスに近いけど、でもエレボス)
ここでオーブハンター3はエレボスの作り出したアンジェの幻影の相手。もちろん騙されない。
(幻影のアンジェにも優しいしゃべり方のジェイド、クール?なレイン、一喝するヒュウガ。)
このままここに残れば仲間と暮らせる言うエレボス。
陽だまり邸で暮らした日々のことを思い出す、アンジェやオーブハンター3。
「ノーブレス・オブリージュ。力があるのにそれを行使しないのは罪だ」
ニクスの言葉を思い出すアンジェ。(このニクス、この言い方、やっぱりかっこいい)
アンジェは女王になるんだ、アンジェの願いを叶えるんだと頑張るオーブハンター3。
偽りの陽だまり邸はいらない、陽だまり邸は皆の心の中にある、とアンジェ。
エレボスが薔薇の花を一輪取りふっと香りをかいだ後、床に落とすと周りが光に包まれてゆく。
(ニクスっぽーいエレボス。長年取り憑いている間に随分影響されたんだね。
 しかし、ここのツンとした顔が、かっこいい・・・)
「さあ、決着をつけましょうマドモアゼル。」
崩れた遺跡?のような所に場所を変え、アンジェに鞭でびしばしやってるエレボス。
(お楽しみモード、エレボスいつもより胸元開いてないか?)
「さあ、踊りなさい。」「傷ついた女王の卵というのも、美しいですね。」
(ああ、エレボスひどーい。でもそのしゃべり方もいい・・・)
それでも立ち向かって行くアンジェ。
「ニクスさん、あなたは今でも私たちの大切な仲間です。」
「仲間・・・」ニクスが戻って来る。
やって来たオーブハンター3も、仲間だと呼びかける。
「これほどまでに罪を重ねて来た私を、あなた方は、仲間と呼んでくれるのですか。」
「ニクスさんは私の大切な人です。」(恋愛感情じゃなくても、いい)
アンジェがニクスのリボンを見せる。
「それは、私の、ああ」
ニクスさんの悲しみもエレボスの罪も私が引き受けます。
(どうやって?女王になって祈るってこと?)
「美しいアルカディアは私が守ります」とアンジェが言うとエレボスが反応。
アルカディアなど滅びてしまえばいい、とエレボスがさらに形態変化。(3人の女王の卵付き)
ニクスが、おぞましい姿に。(エレボスはアルカディアを憎んでるんだねぇ)
吹っ飛ばされる4人。立ち上がりあなたを浄化しますと剣を構えるアンジェリーク。
ニクスにも負けないでと呼びかける。
お前達は私の存在を脅かす、とエレボスが再び攻撃しようとする。
まずは卵3人。レイン、ジェイド、ヒュウガが止める。
そして振り上げたエレボスの手を、浮かび上がって来たニクスが止める。
(幽体離脱・・・、そのパターンか、とは思ったけどまあいい。ニクスが綺麗だから)
「これ以上、あなたの好きにはさせません。アンジェリーク」
目を瞑りとても穏やかな顔をするニクス。(この表情の変化いい)
運命に従って滅ぼされることを静かに受入れているような顔。
(うまく書き表せないがが、とにかくいい)
「ニクスさん」うなずいたアンジェが、微笑みながら走って行き、エレボス≒ニクスを突き刺す。
(え、笑顔?、いくら見た目がニクスとはだいぶ変化しているとはいえニクスの体だし・・・
 さすが女王の卵。アンジェが心置きなく突き刺せる為に、あの最終形態か?)
エレボスと卵が浄化される。
(アンジェが右手上げてるんだけど、剣持ってたはずなんだけど・・・)
アンジェにもたれかかっているニクス。剣は刺さったまま。
(ここで、シャツが破れて腕がちょっと見えてるんだけどね、これがね・・・いいね。)
「ああ、私は、この瞬間の為に、長い間、時の牢獄を、彷徨って来ました。」
「ありがとう、アンジェリーク、お別れです。」
「いいえ、生きて下さい、ニクスさん。」
「200年も生きてきた私に、この上、まだ苦しめとおっしゃるのですか。」
(聖地恋愛EDのセリフに似ている・・・)
「違います、幸せになるために生きるんです。」
「アンジェリーク・・・」
「まだいつか、会いましょう」
(本当に会うつもりで言ってるのか、それとも・・・言ってみただけ?)
「ああ、あなたは・・・」
ニクスとリボン、アンジェの剣が塵となって消えて行く。
振り返って、ニクスさんは大丈夫というアンジェ。(なぜ言い切れる?さすが女王)
アンジェリークの足下に歩いて来たエルヴィンから光が発する。
私は万物の意識の集合体と宇宙意思が自己紹介。宇宙意思の問いかけに、
女王になると答えるアンジェリーク。翼が生え微笑見ながら天に昇って行くアンジェ。
「行くな!アンジェェェ!」涙を浮かべたレインが駆け寄る。
(このレイン、これはこれでいいと思う)
アルカディアではオーロラが発生し、緑が蘇る。
宇宙から、嬉しそうな顔でアルカディアを見るアンジェ
「なんて美しいアルカディア」(なんてすごい形、ああつっこまずにいられない)

(ここで「Eternal Green ~君という永遠」が流れる。)
財団を訪れるレイン「博士はやめろ」「私の名前はエレンフリートです」(お約束)
スクープを持ってやって来たロシュを、空きがあるとベルナールが新聞社に誘うが、
俺を雇ったら高くつくぜと断られる。(フリーでこそロシュって感じ)
ハンナ、サリーと話すジェイド。(ここで、この2人が出て来たのはいいなあ)
ルネの元にディオンがやって来る。(ディオンも顔見せ)
ルネを見守る地縛霊(ルネの守護霊?)マティアス。(ア、アンジェのことは?・・・)
ルネに騎士団に戻らないことの許しを得るヒュウガ。(教団3人組)
人は人の力で困難を乗り越えられるはず、だから君を見つけるとベルナール。(ペンは強いのさ!)
俺はお前を迎えに行く方法を調べ上げてやるとロシュ。(方法わかっても、手段が・・・)
私があなたの所へ行く方法を探すとエレン。(すっかりいい子だ)
カプセルのようなものの中で目覚めて、アンジェリークと呟くジェット。(一言だけだったね)
帰っておいでと(強気な)ルネ。
君に出会えるまで旅を続けるとジェイド。(いくらでも待てる。)
(船酔いを克服し)舟の上でどんな道でも俺は行く貴方ともとへとヒュウガ。
お前の所へ行ける道を探すとレイン。(がんばれ!)
陽だまり邸のような屋敷、花が咲き乱れる庭、花びらが舞い散る中、東屋のような所で
エルヴィン(違う猫じゃないよな)を抱きながら穏やかに微笑むニクスの口元。
(じっとしたままだし、あんまり穏やかで逆に心配になる。目元が写らないので、
 全てが終わり幸せを感じて穏やかなのか、後悔や寂しさがありながらも穏やかなのかわからない。
 一番気になるのは、そこはどこ?ってことだが)
アルカディアがこんなに美しいのは、遠い聖地で女王様が祈って下さっているからよと、
女王の絵を見上げる女の子と母親。
女王の絵は、微笑むアンジェリーク。

テゴマスのエンディング。

本編だけ見た場合、ニクスは聖地に行ったというふうにも取れる。
そのほうが心穏やかか・・・(ニクスの?自分の?)

マルチ恋愛EDはパラレルワールドってことで。

あー、でも、あの後地上に戻ったニクスがどうなったか見たい気もする。
自分を取戻して行く、みたいな・・・

とにかく、アニメでもゲームでもアルパラでも、続編希望!!!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kage

Author:kage
基本はネオアンジェリーク
時々、その他趣味のこと
双子座 B型

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

FC2カウンター

ブクログ


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。