a blue rose

ネオアンジェリーク、ニクスについて色々考えてみる。 Twitter:_kage__

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニクスのあったかもしれない華麗な青年時代

あれだけ次々と、恥ずかしいセリフ・・・もとい甘いセリフを囁けるニクスは
やはり女性とのお付き合いの経験も豊かなのだろう。
もしあれが、本などから得た知識や想像(妄想?) からうまれたものだったら・・・
それはそれで嫌だ。
あの社交性とそつのない対応も、経験によって身につくものじゃないだろうか。

15,6歳ぐらいで社交界デビュー(笑)
幼い頃に両親を亡くしたという境遇とあの容姿、
お姉様おば様お兄様おじ様・・・周りが放ってはおかなかっただろう。
もし学校に通っていたとしたら、休暇中だけ社交の場へ。
卒業後、大学に通ったとしたら(あまり想像できないが)
昼間は学生、夜は社交界の注目の的の若き紳士(何のキャッチフレーズだそれ)

自分が華やかな場にいてもいいのかとか、女性と親しくなってもいいのかとか、
考えたかもしれないが、そういった場に出ることについても教育されているだろうし、
若く、頭の回転も速いので、意外とすぐに順応しそうだ。
そうして過ごすうちに、控えめに生きていこうという思っていたものを
少し前向きに生きていこうと考え直したりしたかもしれない。

そして、社交の場で多くの人と接するうちに、もしかしたら瞬間的に、
自分は女性に好かれる、ということに気付いたに違いない。
ニクスはとても優しく、また人に気を使う人だと思うので、
自分に好意を持っている女性をむげに扱ったりしないだろう。
時にはやんわりと断り、時には程々におつきあいしたのではないか。
自分が普通ではないという自覚はあっただろうから、真剣になることはなく、
それでいて無意識のうちに、さびしさを紛らすように次々と。
そうして、息をするように甘いセリフを囁けるようになったのでは・・・

もちろん、女性への対応だけでなく社交の場での身の処し方なども学んだことだろう。
10代後半から20代前半はそんな風に過ごしたんじゃないかと妄想。

でも、26歳の時にそんな生活も終わり・・・

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kage

Author:kage
基本はネオアンジェリーク
時々、その他趣味のこと
双子座 B型

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

FC2カウンター

ブクログ


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。