a blue rose

ネオアンジェリーク、ニクスについて色々考えてみる。 Twitter:_kage__

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦う司書」スペシャルイベント 感想

6月6日に、「戦う司書」スペシャルイベント、行ってきました。
記憶を頼りに書いているので、思い違いしているところもあるかもしれません。あしからず。

開演前の朴さんのアナウンスに会場盛り上がる。
そして、よろチクビーム!と言いながら、朴さん登場!
いやあ、細いのにあの胸、そして綺麗。
続いて大川さん、普通に登場。大きな歓声!
この日の大川さんは、白いシャツに、襟がついたグレーのソフトな感じのベスト、
ベージュのチノパン、白っぽいベレー帽。ああ、かっこいい!
続いて中村さん。よろチクビーム!すっとした感じで、普通にかっこいい。
沢城みゆきさん。おしゃれですてき!
野島裕史さん。よろチクビーむ!きゃしゃだなあ。
戸松遥さん。いやあ、かわいらしい!
朴さんに、よろチクビーム!やらされる・・・かわいかった
大川さんと沢城さんは、事務所的にやるなと・・・(笑)
司会は、鷲崎健さん。

まずは、映像をみながらキャラ紹介。
ノロティは、エンリケとの場面。真っ直ぐなキャラだったと戸松さん。
エンリケはノロティートの場面(エンリケあまり喋らない)
ザトーボティーのエンリケは喋らないけど、少年の時は結喋ってたと野島さん。
ミレポは、酒場のシーン。途中から、見ながら喋っていいことになったのだが、
マットの時、わりと皆が喋らない。思わず、見入っている感じ。
大川さん、なんで喋んないの?俺この場面好き!と、ほんとここのマットもいい!
沢城さんは、ミレポと似ているところがあるといわれたそうだが、確かに、そんな感じがする。
ヴォルケンは、最終回のかっこよく登場するシーン。
スタッフの嫌われキャラNO1であることの不満をぶつける中村さん。
そのぐらいでと、沢城さんに止められる(笑)
でも、そのシーン選ばれたんだから、愛されてるよ!
マットは、ミレポとのラストシーン。
ミレポが、結婚したことについて、沢城さんと中村さんが色々言う(笑)
最後に、マットが持っていったと朴さん。生きてるからねーと大川さん。
大川さんは、原作を読んで、原作がこのシーンで終わるけど、
アニメのラストがどうなるかと心配してたら、このシーンで終わってよかったと。
このシーンのマットさんほんとかっこいい!
ハミュッツは、トワット鉱山での、投石機でバンバン人を殺すシーン。
ハミュッツの凶暴さと共に、朴さんの横暴さが暴露される。
例)なんか面白いこと言え、お金わたさないでお茶買ってきて・・・

続いて、質問コーナー
(開演前にアンケートを取った。)
魔法権利をもらえるなら、何がいいか?
大川さん、投石機かな?俺、誰かに当てたいのか?みたいな回答。
アーガックスで忘れたい事?という質問に、そんなのここで言える訳ないじゃんの声。
大川さん、大人は色々忘れて生きて行くんだよと、大人な発言。こういうのうまいなあ。
恋人役の朴さんをどう思いますかという質問
ラブラブあっちっちだったよね、と繰り返す朴さんに、
はぐらかしたり、適当に相槌打ったりして、答える大川さん。
司会者が、あっち側ただの観客でしたねと言ってたけど、その通り、
二人のやり取りに、ニヤニヤする。
(舞台左の司会者側に、朴さん大川さんの二人が、右側に4人がハの字型に座っていた。)

次は、人気キャラランキング
(応募ハガキに、キャラの名前が上げられていて複数回答可だった)
またも、ヴォルケン人気ないからと言い出す中村さんに、
スタッフとファンの見る目は違うから、と励ます大川さん。
結果は、3位ヴォルケン、2位マット、1位ハミュッツ
やはり、今日の参加者にも、中村さんファンが多いのかなあと、
マットが2位で、いつも2番手と大川さん。(自分的にはマットが1番です!)
まじで、ドキドキすると言っていた朴さん。順当にハミュッツが1位でよかった。
大川さんは、原作を全部読んでいて、途中でロティーが死ぬのがわかっていても、
戸松さんになかなか言えなくて、ここ見てみと、本を見せたという話もしていた。
朴さんは、1巻と10巻とよんだいうことだったけど、なんだからしい(笑)

そして、生アフレコ
まずは、二人づつ、エンリケ&ノロティー、ヴォルケン&ミレポック
ハミュッツ&マットは、出会いのシーン。いきなり若マット&ハミュ
若マットさんの声かっこよかった!
続いて、三人で
マット&エンリケ&ハミュ、ハミュを他の男に殺させる訳にはいかない・・・の場面。
ここの、苦しそうなマットとか、叫ぶエンリケとか、
マットだけには殺されたくないのハミュとか、良かった!!
ヴォルケン&ハミュッツ&ミレポックでヴォルケンがハミュに殺される場面。

生アフレコが終わっての感想、
大川さん、若マットの場面なんて少ししか無いのに、選ばれてたから、
いきなりハードルが、こーんなにあがっちゃて・・・頑張ったよと。
感想を聴かれた沢城さんが、ヴォルケンのシーンでちょっと下がってしまったので、
今イベントのテンションに戻しますと言っていたのが、ミレポっぽいなあと、
そして、あの短時間で感情移入凄いんだなあと、印象的だった。
大川さんと朴さんが、竹口さんが、若イレイアさんも自分がやるつもりで練習してたけど、
違うって言えなかったと話していたのも面白かった。
こういうエピソードが聞けるのが嬉しい。

ここで、2クール目オープニングテーマを歌った、佐咲紗花さん登場。
原作を既刊だった9巻まで読んで、作詞したとか。
一生懸命で、感じのいい人だった。歌もうまかった。
歌ったのはもちろん「星彩のRipieno」

次は、抽選会
商品は、サイン入りのポスター、台本、等身大キャラパネル(笑)
マットさんのパネルの当選番号が2番違いで、一瞬ドキッとした。(バカ)

最後に、一言づつ挨拶。
大川さんは、素敵なキャラに出会えて、素敵な作品で、素敵な共演者で、素敵なスタッフで・・・
これからも、戦う司書をよろしくお願いします!みたいなコメントだった。
朴さんが、大きな画面でみたいよねと発言。
それは、映画館で上映会ということ?それとも映画化?
みなさんの声も大事ですみたいなことも言っていた。
ほんと、これで終わりじゃなくて、今後も期待!

挨拶が終わると、キャストの皆さんが手を振ってお別れ。
客席も手を振ったり、名前を呼んだり。
(こういう時、手を振ったり名前を読んだり出来ない自分の性格がちょっと残念)
中村さんが、緞帳が降りて来ても、しゃがんで手を振っていたのがちょっと意外(失礼)

共演者のみなさんは、和気あいあいとしていて、終始なごやか、
参加者も、声優ファンかつ作品が好きな人が多い感じで、反応もよくて、
ほんとに、楽しいイベントでした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kage

Author:kage
基本はネオアンジェリーク
時々、その他趣味のこと
双子座 B型

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

FC2カウンター

ブクログ


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。