a blue rose

ネオアンジェリーク、ニクスについて色々考えてみる。 Twitter:_kage__

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオアン 小説3巻 感想

小説「ネオ アンジェリーク ③天使の選択」藤咲あゆな著 感想(ネタバレ)

財団の施設で、エレンがアンジェを使って時空移動のための実験。苦痛を伴う。
全くこのお子様(笑)しょうがない。
オーブハンターが助けに来たあと、ヨルゴもオートモービルでやってくる。
ニクスの言葉にヨルゴも大人の対応。無事、解決。
アンジェの発言に驚くエレン。(確かにアンジェの対応には驚く)

陽だまり邸へ帰る途中、レインとニクスでちょっとタナトス退治。
終わると髪をかきあげるニクス。こういう描写がニクスっぽくて、地味に好き。
宿に戻り、みんなで色々話をする。ニクスは、財団のしたことに実はとても怒っている。
レインは、自分の浄化能力のことについて話す。
聖都に行くことになり、途中ウォードンによる。ベルナールから舞踏会の招待状を貰う。
いまいちのりきではないアンジェを、積極的に誘うニクス。
いいドレスの店も知っている。
(だからなぜ男なのにドレスの店を知っている(笑)紳士のたしなみなのか)

ホテルの舞踏会の会場、ニクスは有名人で人に囲まれアンジェが壁の花になっている。
しかし、困っている様子のニクスにアンジェが話しかけ、ニクスも大切な人と説明し、
人ごみから抜ける。ハンナと出会い、二人で話しをするアンジェ。
ニクスが窓の外を見ると庭園に立っているレイン、ヒュウガ、ジェイド。
(かわいいよ!色々心配だよね!)
ニクスがアンジェに話しかけようとした青年をかわし、二人で外に出る。
アンジェを抱き寄せたりもするけど、意味深なセリフを吐きまくり、アンジェを戸惑わせる。
そしてまた、ニクスを少し怖いとおもったり、本心が見えないと思ったりするアンジェ。
こういうニクス、切ないなあ。
最後は、アンジェが思いもよらぬことを言ってニクスを驚かせる。
アンジェのこういうところが、ニクスに生きたいと思わせる。歓びであり苦しく切ない。

聖都ではルネが即位。マティアスが、とんでもないことに!
聖都から陽だまり邸に向かう途中、ディオンからカーライルの話を聞く。

途中の宿で、女王の卵としての自分についてニクスに相談するアンジェ。
ここのニクスの対応とても大人。物事がよく見えている。
でも、また意味深なことを言っている(笑)
オーブ鉱脈でレギオン。とても強い、5人で協力して倒す。
エレンが、ヨルゴが実行しようとしている「アルティマ計画」について話す。
誘拐後のアンジェの対応にデレたエレン、なかなかかわいい。
アルティマ計画の実行に不安を募らせるニクス。
自分の計画がくるってしまうし、何が起きるかわからないから心配するのも当然だ。

次の標的がウォードンだと知って向かうが、すでに瓦礫の山となっている。
取材しているベルナールとロシュに会う。誇りを持って仕事をしていてかっこいい。
次の標的はリースだと聞き。急いで向かう。
ジンクスの発射命令を出すヨルゴ。エレンがヨルゴを止める行動に出る。
レインやニクスもヨルゴをやめさせようとするが聞かない。
小説ではゲーム同様、強引なヨルゴ。対してエレンが良い子。
でも、ヨルゴはヨルゴなりにこだわりがあるわけで、それはそれでいい。

ジンクスの前に立ちはだかるニクス。そして、時空の亀裂に身を投げる・・・
星の船でエレボスのもとに向かう・・・
このあたり、ゲームに沿った内容で、ページ数も多い。
丁寧に描写されていて嬉しい。

戦いが終わって後日談。
マティアスとジェットに驚く。エレンフリートも成長。
小説は、ゲームに沿った内容で、新キャラが絡む部分は大胆な創作もあったりで、
なかなか楽しく読めた。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kage

Author:kage
基本はネオアンジェリーク
時々、その他趣味のこと
双子座 B型

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

FC2カウンター

ブクログ


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。