a blue rose

ネオアンジェリーク、ニクスについて色々考えてみる。 Twitter:_kage__

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーブレス・オブリージュ

ノーブレス・オブリージュ

ニクスお得意のセリフ
ネオアンAbyssでも、度々出てきましたが・・・

アメリカの、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットといった大金持ちが、
莫大な寄付などをした時に使われていて、
「成功した者、富める者は、それに相応しい社会的責任を果たす義務がある」
というような意味の、ちょっといやみな言葉だと思っていました。

ニクスの篤志家としての活動は、まさにこれですが、
「力のあるものは、力を行使する義務がある」
という意味で使われていたのは、少し意外でした。

気になったので、ちょっと調べてみました。

意味
・フランス語で、ノーブレスは高貴な物や貴族、オブリージュは責任と言った意味。
 しなければいけないというニュアンスが含まれる。
・高い地位や身分に伴う義務。

具体的には、
・イギリスで、王族や上流の人々が従軍したりボランティア活動を行ったりすること。
 貴族社会が存在したイギリスでは、この言葉が浸透しているらしい。
・アメリカでは、裕福な人がボランティア活動などを行う事は社会的義務とされている。
・古代ギリシャやローマで、貴族は、相応しい人格を持ち、社会的義務を果たし、
 戦場では潔く戦うべきとされていた。
※社会的義務を果たす=社会を維持ずるコストを払う、ということ。

ニクスは、
篤志家の活動はノーブレス・オブリージュであり、
少し意味を広げて、タナトスを倒す事も、自分の義務、
ノーブレス・オブリージュである、
と考えていた。
それで、アンジェにオーブハンターの活動を説明する時、
この言葉を使った。
女王になれば、大きなノーブレス・オブリージュついてくることであるし・・・
(と、自分の中で妄想)

そして、ネオアンAbyss では、さらに拡大解釈されていた、
といったところでしょうか(笑)

でも、元の意味と少し違っても、ネオアンのような使いかた、
悪くない!
高貴なという部分を、力のあるものと読み替え、
その力でなすべき事をしなければならない、
さらに進んで「人は、自分の出来る事をするべき」みたいな考えかた、
すごくいい!!

ネオアンの雰囲気ぶちこわすような話題だったので
お口直しに
dolce.jpg
ハーゲンダッツのガトーショコラ
うまし!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

kage

Author:kage
基本はネオアンジェリーク
時々、その他趣味のこと
双子座 B型

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム

FC2カウンター

ブクログ


最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。